メディア・トリックの社会学 : テレビは「真実」を伝えているか

書誌事項

メディア・トリックの社会学 : テレビは「真実」を伝えているか

渡辺武達著

(Sekaishiso seminar)

世界思想社, 2000.4

第3版

タイトル別名

メディアトリックの社会学 : テレビは真実を伝えているか

タイトル読み

メディア・トリック ノ シャカイガク : テレビ ワ シンジツ オ ツタエテ イルカ

大学図書館所蔵 件 / 37

内容説明・目次

内容説明

テレビが社会を動かす現代、メディアはどうあるべきか。「積極的公正・中立主義」とメディア・ホークス論を軸に、「テレビのやらせ」「CMの政治性」等を具体的事例に即して検証。

目次

  • 第1部 「やらせ」番組の社会構造—NHKスペシャル『ムスタン王国』を素材にして
  • 第2部 テレビCMの政治性—『原発バイバイ』の放映中止をめぐって
  • 第3部 報道にとっての公正と中立—「椿発言」を素材にして

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ