がん患者とともに : 死の臨床を考える

書誌事項

がん患者とともに : 死の臨床を考える

堀泰祐著

岩波書店, 2002.5

タイトル別名

がん患者とともに

タイトル読み

ガンカンジャ ト トモ ニ : シ ノ リンショウ オ カンガエル

大学図書館所蔵 件 / 84

内容説明・目次

内容説明

著者は外科医として多くの患者の生と死を見つめてきた。その経験を通して、がんの告知、医者と患者との関係のあり方、終末期の医療の問題、医者の心がけなどをやさしく語る。人間として患者に関わる一つ一つのエピソードから、あらためて人間の生死のありようを考え、生への希望をもちつづける患者の力に強く励まされる。

目次

  • 1 緩和医療との出会い(はじめての医療;外科を選んだわけ;外科医の幸せ ほか)
  • 2 医師と患者の信頼関係(「家族が反対するから」と言うけれど;がんの告知は「愛の告白」と同じ;がん告知のタイミング ほか)
  • 3 緩和医療の現場から(緩和医療の役割;初診から最期まで;病室で患者とビールを飲む ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ