寺田寅彦は忘れた頃にやって来る

書誌事項

寺田寅彦は忘れた頃にやって来る

松本哉 [著]

(集英社新書, 0144D)

集英社, 2002.5

タイトル読み

テラダ トラヒコ ワ ワスレタ コロ ニ ヤッテ クル

大学図書館所蔵 件 / 117

注記

寺田寅彦略年譜: p230-232

参考文献その他: p233-234

内容説明・目次

内容説明

寺田寅彦は実験物理学者にして文筆家。「天災は忘れた頃にやって来る」という格言を吐き、一方で多数の科学エッセイを書いて大衆の心をつかんだ。茶わんの湯、トンビと油揚、金米糖といった身近な話題を通して、自然界のぞっとするような奥深さを見せつけてくれたのである。明治に生まれ、昭和に没したが、その鋭く豊かな着想は永遠のものであり、混迷の二一世紀にあって、あらためて注目されることを願う。夏目漱石、正岡子規といった文学者との交流も懐かしい。高知、熊本、東京にまたがる生涯と魅力的な人物像を追う。

目次

  • 1 寺田寅彦は忘れた頃にやって来る
  • 2 赤門教授のステイタス
  • 3 小説に描かれた寺田寅彦
  • 4 一生つづく「電車の混雑」
  • 5 随筆家としての出発
  • 6 大地震の体験
  • 7 科学の花園
  • 8 物理学を志願した頃
  • 9 ゆかりの地・熊本と高知

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA5690353X
  • ISBN
    • 4087201449
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    238p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ