マスメディアの周縁、ジャーナリズムの核心

書誌事項

マスメディアの周縁、ジャーナリズムの核心

林香里著

新曜社, 2002.6

タイトル別名

Journalism for democracy : Innovations at the periphery of the mass media system

タイトル読み

マス メディア ノ シュウエン ジャーナリズム ノ カクシン

大学図書館所蔵 件 / 147

注記

参考・引用文献一覧: p424-447

博士学位論文 (東京大学大学院人文社会系研究科, 2001年) をもとにしたもの

内容説明・目次

内容説明

いまジャーナリズム精神はどこに宿るか?ジャーナリズムとは何か。マスメディアとどう違うのか。ルーマン、ハーバーマス、デューイなどのシステム、公共圏、パブリックの概念をてがかりに、さらに日本、ドイツ、アメリカなどの「周縁的」試みのなかに、ジャーナリズム精神の蘇生と可能性をさぐる「ジャーナリズム原論」。

目次

  • “マスメディア・ジャーナリズム”の矛盾と革新
  • 第1部 大衆化とシステム化—マスメディアの実態(大衆化社会とジャーナリズム—「タブロイダイザーション」論争の視点から;マスメディアの現実—ルーマンの社会システム論を手がかりに)
  • 第2部 ジャーナリズムの新しい可能性を拓く民主主義思想(対抗公共圏とオルターナティヴ公共圏—ポスト・ブルジョア社会の選択肢;「パブリック」温故知新—デューイの思想;コミュニタリアニズムからの問いかけ—“マスメディア・ジャーナリズム”の思想性の検証 ほか)
  • 第3部 マスメディアの周縁、ジャーナリズムの核心—ジャーナリズム再定義の運動(日本における新聞「家庭面」のジャーナリズム;『ターゲスツァイトゥング』の創刊とその現状;米国が生んだ「パブリック・ジャーナリズム」運動)
  • 現代社会における“マスメディア・ジャーナリズム”への展望

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA57190169
  • ISBN
    • 4788508095
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    462p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ