漱石の源泉 : 創造への階梯

著者

    • 飛ヶ谷, 美穂子 ヒガヤ, ミホコ

書誌事項

漱石の源泉 : 創造への階梯

飛ヶ谷美穂子著

慶應義塾大学出版会, 2002.10

タイトル読み

ソウセキ ノ ゲンセン : ソウゾウ エノ カイテイ

大学図書館所蔵 件 / 162

注記

参考文献: p273-282

内容説明・目次

内容説明

本書は、漱石文学と英文学作品の具体的・実証的な比較文学研究として画期的な論考である。資料編として、全集未収録の蔵書書き入れや図書購入ノートなど漱石研究全般において重要かつ興味深い自筆資料を翻刻紹介している。

目次

  • 第1部 初期作品におけるラファエル前派文学の投影(『薤露行』とスウィンバーン詩集—「夢」のイメジャリーをめぐって;「風流な土左衛門」考—漱石・スウィンバーン・サッフォー)
  • 第2部 ジョージ・メレディスと「人工的感興」(諧謔の構造—『サンドラ・ベロニ』と『坊っちゃん』;蛇の女の系譜—『シャグパットの毛剃り』と『草枕』;情け・憐れ・非人情—『ビーチャムの生涯』と『草枕』 ほか)
  • 第3部 受容から創造へ—深化する位相(二十世紀作家としての漱石—メレディス体験のもたらしたもの;ハイドリオタフヒア、あるいは偉大なる暗闇—サー・トマス・ブラウンと漱石;「現代精神」をもとめて—『黄金の盃』と『明暗』)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA59189014
  • ISBN
    • 4766409620
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iv, 287, 45p, 図版2枚
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ