東海学が歴史を変える : 弥生から伊勢平氏まで

書誌事項

東海学が歴史を変える : 弥生から伊勢平氏まで

森浩一編

(春日井シンポジウム / 森浩一, 門脇禎二編, 第9回)

五月書房, 2002.11

タイトル読み

トウカイガク ガ レキシ オ カエル : ヤヨイ カラ イセ ヘイシ マデ

大学図書館所蔵 件 / 53

注記

第9回春日井シンポジウム『東海学を深める : 弥生から伊勢平氏まで』(会期:2001年11月10日(土)・11日(日), 会場:春日井市民会館, 主催:春日井市)に新たに資料を加えまとめたもの

内容説明・目次

目次

  • 第1部 東海系(東海諸地域)土器の拡散—その様相をさぐる(三尾勢の内海と矢作川;東海系土器のなかの伊勢の土器 ほか)
  • 第2部 中世陶器(渥美・常滑)の拡散—東アジアのなかの東海地域(中世陶器にみる東海文化の拡散;東海の中世窯—生産と流通の諸相 ほか)
  • 第3部 遺跡・伝承・文学にみる東海の個性(前方後方墳の拡散;尾張氏をめぐる伝承と史実 ほか)
  • 第4部 まとめにかえて(土器の拡散と前方後方墳について;文献からみた東海の拡散現象について ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ