超越と横断 : 言説のヘテロトピアへ

書誌事項

超越と横断 : 言説のヘテロトピアへ

上村忠男著

(ポイエーシス叢書, 49)

未來社, 2002.12

タイトル読み

チョウエツ ト オウダン : ゲンセツ ノ ヘテロトピア エ

大学図書館所蔵 件 / 86

内容説明・目次

内容説明

前著『ヘテロトピアの思考』でサイードやフーコーに示唆されながら「言葉の異他なる反場所」としての「ヘテロトピア」という方法概念を確立した著者のさらなる研磨を経た新たな思考実践の展開。昨今のポストコロニアル批評や歴史と記憶をめぐるトピックをめぐって、さまざまな歴史的社会的事象を貫く政治と思想の対立点と問題点をえぐりだし、歴史をどう表象していくかを歴史の哲学として鋭く提示する。三本の対談や書評までをふくんだ現代屈指の思想史家の最新批評集。

目次

  • プロローグ:歴史における反復と抵抗—一九九六年・鵜飼哲氏との対話
  • 超越と横断、あるいは言説のヘテロトピアへ
  • ヘテロトピアからの視線
  • 無惨なる継承
  • 木のぼり男爵の世紀末
  • アウト・オヴ・プレイス
  • ニュースピークとの闘い
  • 乗り継ぎする主体
  • 複数性を生きる
  • ロスアンジェルスのギンズブルグ〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA60243376
  • ISBN
    • 4624932498
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    283p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ