書誌事項

明治維新

田中彰 [著]

(講談社学術文庫, [1584])

講談社, 2003.2

タイトル読み

メイジ イシン

大学図書館所蔵 件 / 177

注記

底本: 「日本の歴史 第24巻」(小学館 1976年)刊

年表: p488-492

内容説明・目次

内容説明

アジアの「近代革命」はいかにして成ったか。開国から琉球処分への激動の二十余年は、日本史最大の転換点だった。列強による半植民地化への巨大な圧力、米欧を体験したリーダーたちによる新国家システムの構築、そして解放をねがう民衆の沸騰するエネルギー。これら三つの巨大な「力」が渦巻く鮮烈な歴史のドラマを活写しつつ、維新力学の根源に迫る。

目次

  • 近代日本の開幕—はじめに
  • 「世直し」か「王政復古」か
  • 戊辰の内乱
  • 民心のゆくえ
  • 統一国家の形成(支配の思想;支配の実体)
  • 天皇の座の粉飾
  • 岩倉米欧使節団
  • 内務卿大久保利通
  • 徴兵令と地租改正
  • 「文明開化」の内実
  • 東アジアのなかの日本
  • 維新の終幕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ