お墓博士のお墓と葬儀のお金の話

書誌事項

お墓博士のお墓と葬儀のお金の話

横田睦著

(光文社新書, 090)

光文社, 2003.3

タイトル読み

オハカ ハカセ ノ オハカ ト ソウギ ノ オカネ ノ ハナシ

大学図書館所蔵 件 / 22

注記

参考・引用文献: p275-277

内容説明・目次

内容説明

お葬式やお墓、戒名の値段はどう決まる?そしてホントに「高い」のか?

目次

  • 第1章 病院からはじまる「黄泉路」の道程(エピローグの訪れにより幕の上がるプロローグもある;いまだにボンヤリとしている「この世」と「あの世」の狭間 ほか)
  • 第2章 多様化が進む「葬儀」—何をどう選べばいいのか(多様なしきたり;葬儀を行ってくれるところ ほか)
  • 第3章 火葬場のしきたり—「都市伝説」の宝庫(現在の「お弔い」で残された最後の聖域;火葬場は故人を荼毘に付す処なり—副葬品という「厄介モノ」 ほか)
  • 第4章 今、墓地で起きていること—変わりそうで変わらぬ墓(荼毘に付して、初七日終わって、我に返る遺された方々;公営墓地、境内墓地、普通墓地 ほか)
  • 第5章 祖先を祀る「たしなみ」—お寺とどう向き合うか(まずは「戒名」を手掛かりに考えてみる;私たちはお寺とどのように向き合っているのか ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA61573026
  • ISBN
    • 4334031900
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    277p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ