新・動物実験を考える : 生命倫理とエコロジーをつないで

書誌事項

新・動物実験を考える : 生命倫理とエコロジーをつないで

野上ふさ子著

三一書房, 2003.3

タイトル別名

新・動物実験を考える

タイトル読み

シン ドウブツ ジッケン オ カンガエル : セイメイ リンリ ト エコロジー オ ツナイデ

大学図書館所蔵 件 / 72

注記

文献: p274-278

月刊「くらしの木」(日本リサイクル運動市民の会発行)の1991年4月号から1992年9月号まで16回連載されたものをまとめたもの

内容説明・目次

内容説明

とどめなく進展する生命への暴力、遺伝子操作等を、情報公開やエコロジー的視点から再検証。衝撃作『動物実験を考える』の最新データ版。

目次

  • 飼い主に捨てられた動物たちの行方—実験室に送られる「ペット」
  • 一匹の犬が問いかけたもの1—「シロ」の例に見る動物実験の実態
  • 「美」の犠牲になる動物たち—化粧品のためにウサギの眼がつぶされていく
  • 動物実験でも「安全性」はわからない—化学物質の氾濫と毒性試験
  • 人間のためにもならない動物実験—残酷で無意味な動物実験の実例
  • なぜ生命を実験材料にするのか?—学校での解剖学習とは
  • 動物たちに「戦後」はいつ来るの?—戦争のための動物実験
  • 動物たちの叫びに耳を傾けて—科学研究にも事前審査制度を
  • 動物実験と人体実験の境界はどこに?—人間の胎児の実験とは
  • なぜ動物実験は隠されているのか—医学書の陰から〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA61754563
  • ISBN
    • 4380032035
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    285p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ