大悟の法 : 常に仏陀と共に歩め

書誌事項

大悟の法 : 常に仏陀と共に歩め

大川隆法著

幸福の科学出版, 2003.1

タイトル読み

タイゴ ノ ホウ : ツネ ニ ブッダ ト トモ ニ アユメ

大学図書館所蔵 件 / 10

内容説明・目次

目次

  • 第1章 敵は自分の内にあり—心に支配されることなく、心を支配せよ(信ずることによる解脱;心の主となれ ほか)
  • 第2章 罪を許す力—自分と他人を許す勇気を(完璧な人生ではなく、よりよい人生を;事件や事故による苦しみにどう耐えるか ほか)
  • 第3章 仕事能力と悟り—多くの人々を幸福にする人間となるには(仕事能力も高かった釈尊;禅宗の悟り—神秀と慧能 ほか)
  • 第4章 大悟の瞬間—大いなる悟りが明かす多次元空間の神秘(悟りの原点;無我の思想 ほか)
  • 第5章 常に仏陀と共に歩め—心の法則を学び、それを実践して生きる(真実の自分とは;瞑想のなかで見えてくるもの ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA61832157
  • ISBN
    • 4876883610
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    279p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ