書誌事項

母音の川

稲葉真弓著

思潮社, 2002.6

タイトル読み

ボイン ノ カワ

大学図書館所蔵 件 / 3

注記

付属資料:1枚

内容説明・目次

内容説明

わたしは自分の性器のなぜ濡れるかを知らない、と著者は詩集の第1行目を書きはじめる。性器からはじまって、乳房、眼、唇、指、脚、尻、そして陰毛を描きながら、官能が見事に官能を超える。稲葉真弓の作家の知性と詩人の感性が、女性の身体性の奥に潜む蠢きを大胆に剔抉する。

目次

  • だれもいないのに鳴っている
  • 野原でわたしは幸福だった
  • わたしも丘を持っている
  • そっと階段をおりてみた
  • 目の歳月
  • 青い川を探しに行く
  • だれにもあげない
  • ゆるやかにはさんでみた
  • 蜜の上で眠っていた
  • 涼しい場所が欲しかった〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA62088387
  • ISBN
    • 4783713014
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    109p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
ページトップへ