書誌事項

食品機能論

五明紀春, 田島眞編著

(ネオエスカ)

同文書院, 2003.4

改訂版

タイトル読み

ショクヒン キノウロン

大学図書館所蔵 件 / 47

注記

執筆: 村田容常ほか

初版 (2002.4刊) を「管理栄養士国家試験出題基準 (ガイドライン)」 (2002.8発表) に対応して改訂

内容説明・目次

内容説明

本書の構成は、総論と各論からなるが、総論では食品のもつ機能をその作用と関与する化合物を中心に解説した。栄養成分と同じように、機能性成分は食品をまたがって存在するものであるから、まず総論を通読してその概念をつかむことが大切である。各論は、食品ごとにその機能性と関与する化合物を解説した。実際に献立を立て、生理機能を利用するときは、各食品の機能を活用することが必要である。そのときには、この各論が役立つであろう。

目次

  • 第1章 総論
  • 第2章 農産物の機能
  • 第3章 水産物の機能
  • 第4章 畜産物の機能
  • 第5章 発酵食品の機能
  • 第6章 茶の機能
  • 第7章 保健機能食品
  • 補遺 食品機能の情報収集法

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA62367926
  • ISBN
    • 4810312569
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 154p
  • 大きさ
    26cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ