滋賀の獣たち : 人との共存を考える

書誌事項

滋賀の獣たち : 人との共存を考える

高橋春成編著

(淡海文庫, 29)

サンライズ出版, 2003.9

タイトル読み

シガ ノ ケモノタチ : ヒト トノ キョウゾン オ カンガエル

大学図書館所蔵 件 / 29

注記

文献:巻末

内容説明・目次

内容説明

山野にすむイノシシやサル、クマ、タヌキなど“けもの”たちと人とのかかわりは、戦後の高度経済成長以後、大きく変わった。農作物への獣害対策、海外から持ち込まれた移入種の問題など、現状の報告と具体的な取り組みを通して、私たちは彼らとどうかかわっていくべきかを探る。

目次

  • 第1部 “けもの”と人びととのかかわり(鈴鹿山麓のけものと人びと;野洲川下流域のけものと人びと;主な狩猟獣と現代の狩猟)
  • 第2部 “けもの”との共存について考える(滋賀県でのサルと人との共存について考える;家畜放牧ゾーニングによる獣害回避対策;大学と地域が一緒になってイノシシとの共存を考える—テレメトリー調査を中心に)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA63799915
  • ISBN
    • 488325139X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    彦根
  • ページ数/冊数
    194p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ