大学の復権 : 市井の人々に支えられる科学と高等教育の再興

書誌事項

大学の復権 : 市井の人々に支えられる科学と高等教育の再興

竹田保正著

学会出版センター, 2003.10

タイトル読み

ダイガク ノ フッケン : シセイ ノ ヒトビト ニ ササエラレル カガク ト コウトウ キョウイク ノ サイコウ

大学図書館所蔵 件 / 105

注記

引用文献: p106

内容説明・目次

内容説明

本書では、学問と教育の中枢としての大学が負っている社会的責任を全うするべく、大学人が主体性というか、主権を回復するために、困難だが英知を集めて運動すれば、日本の科学の未来に大いに期待が持てることを、読者にアッピールしたい。

目次

  • 第1章 現状報告(「国立大学の独立行政法人化」の問題にかんする、理系大学人や教育ジャーナリストなど知識人の発言;最近の理科離れの問題と、日本で定着している「理科教育」の歴史的省察 ほか)
  • 第2章 国際的な市場経済化の流れに巻き込まれている大学の復権—高等教育をどのように再構築するか?(大学は高等教育機関、研究機関であると同時に、学術、文化遺産の保護、継承という役割を持っている;大学の本質、根源的価値にかかわる問題提起 ほか)
  • 第3章 巨大科学の価値を問う—巨大科学と我々人間の“日常的世界”の関係(核融合研究のその後—長年、構築された「科学技術」の研究体制は壊せないか?;巨大科学—宇宙科学、素粒子、高エネルギー物理学をどう見るか? ほか)
  • 第4章 欧米の大学人、研究者、知識人が、いま日本の大学人に訴えていること
  • 第5章 著者の緊急発言「戦後教育を徹底検証せよ」

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA63954574
  • ISBN
    • 4762230189
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 108p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ