考古学者はどう生きたか : 考古学と社会

書誌事項

考古学者はどう生きたか : 考古学と社会

春成秀爾著

学生社, 2003.11

タイトル読み

コウコガクシャ ワ ドウ イキタカ : コウコガク ト シャカイ

大学図書館所蔵 件 / 114

注記

文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

浜田耕作・森本六爾・山内清男・後藤守一・小林行雄ら日本考古学を築いた学者たちの学問・思想と行動を検証。

目次

  • 1部 明治・大正編(コロボックル説の敗退—坪井正五郎;歴史教科書批判—鳥居龍蔵)
  • 2部 昭和前期編(情熱の人と学問—森本六爾;「明石原人」の発見—直良信夫;「日本遠古之文化」と渡部義通—山内清男;二つの「古代の遺物」—浜田青陵;「日本精神」の考古学—後藤守一;「神武東征」と考古学—中山平次郎・後藤守一ほか;日本人種論と大東亜共栄圏—清野謙次)
  • 3部 昭和中期編(記紀と考古学の相克—小林行雄;『日本考古学概説』の誕生—小林行雄;人間学の追究—金関丈夫)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA64702486
  • ISBN
    • 4311300514
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    383p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ