フィールドの寄生虫学 : 水族寄生虫学の最前線

書誌事項

フィールドの寄生虫学 : 水族寄生虫学の最前線

長澤和也編著

東海大学出版会, 2004.1

タイトル別名

Aquaparasitology in the field in Japan

タイトル読み

フィールド ノ キセイチュウガク : スイゾク キセイチュウガク ノ サイゼンセン

大学図書館所蔵 件 / 119

注記

標題紙裏の英語書名: Aquaparasitology in the field in Japan

参考文献: p329-344

内容説明・目次

内容説明

現在、わが国では様々な角度から、水族寄生虫の研究が行われている。本書では、その最前線にいる科学者に研究の様子を紹介してもらった。執筆陣は、24名。扱った宿主生物は、プランクトン、ベントス、魚類、両生類、海産哺乳類に加え、海藻類も含まれる。

目次

  • 1部 ベントス(底生生物)の寄生虫
  • 2部 プランクトン(浮遊生物)の寄生虫
  • 3部 海藻の寄生虫
  • 4部 魚類の寄生虫
  • 5部 両生類・哺乳類の寄生虫
  • 6部 水族寄生虫のファウナ・進化

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA65182734
  • ISBN
    • 9784486016366
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    秦野 (神奈川県)
  • ページ数/冊数
    xi, 354p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ