書誌事項

中世寺院と民衆

井原今朝男著

臨川書店, 2004.1

タイトル読み

チュウセイ ジイン ト ミンシュウ

大学図書館所蔵 件 / 118

内容説明・目次

内容説明

飢饉・疫病・戦争が絶え間なく人々を襲った中世、寺院はどのような場として人々のなかにあったか—死と隣り合わせの時代に、規模・宗派の違いを越えた「中世寺院」の果たした役割、仏教の世俗化と民衆への広がりを考える。

目次

  • 第1章 中世寺院の置かれた社会
  • 第2章 中世寺院の多様性と階層性
  • 第3章 権門寺院の護国主義と万民豊楽
  • 第4章 中世寺院による民衆統合
  • 第5章 祈祷・呪術を否定する中世仏教
  • むすびに—中世民衆仏教の到達点

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ