古事記説話形成の研究

書誌事項

古事記説話形成の研究

大脇由紀子著

おうふう, 2004.1

タイトル読み

コジキ セツワ ケイセイ ノ ケンキュウ

大学図書館所蔵 件 / 63

内容説明・目次

目次

  • 序章 『古事記』説話の形成(『古事記』の文学性;『古事記』と「話素」)
  • 第1章 皇位継承の次第を語る物語と「話素」(天津日高の継承;神武記の構想(一)—神剣の機能 ほか)
  • 第2章 后妃に纏わる物語と「話素」(垂仁記の構想(一)—円野比売命の物語的意味;垂仁記の構想(二)—大后比婆須比売命の物語的意味 ほか)
  • 第3章 繰り返される「話素」とその機能(根国訪問物語の構想—「葦原色許男神」の物語的名義;応神記の構想—秋山之下氷壮夫と春山之霞壮夫 ほか)
  • 終章 『古事記』編述者の構想(『古事記』の個性化;「話素」の提唱)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA65885767
  • ISBN
    • 4273033100
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    311p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ