刑事証拠開示の分析

書誌事項

刑事証拠開示の分析

松代剛枝著

日本評論社, 2004.2

タイトル別名

Disclosure in criminal proceedings

タイトル読み

ケイジ ショウコ カイジ ノ ブンセキ

大学図書館所蔵 件 / 69

注記

『法學』に掲載した論文をもとに加筆・再構成したもの

内容説明・目次

内容説明

「権利保障アプローチ」に「利益衡量アプローチ」に加え、日本の開示問題を考察。

目次

  • 問題関心
  • 第1部 証拠開示論の構造—イギリス法改革を手掛かりとして(予備的考察;コモンロー体制と弊害論—一九八〇年代改革の指向性;CPIA体制と関連性論—一九九〇年代改革の指向性;小括)
  • 第2部 証拠開示論の構築(予備的考察;比較法的類型(ドイツ法を素材として;イギリス法を素材として);小括)
  • 証拠開示論の具体化

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA66210223
  • ISBN
    • 4535514267
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ix, 244p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ