Bibliographic Information

群と環

桂利行著

(大学数学の入門, 1 . 代数学||ダイスウガク ; 1)

東京大学出版会, 2004.3

Other Title

Groups and rings

Algebra

Title Transcription

グン ト カン

Available at  / 231 libraries

Note

参考文献: p119

欧文タイトルは標題紙裏による

Description and Table of Contents

Description

本書は代数学への導入部分をわかりやすく解説することを目的として執筆している。具体的には、基本的な代数系である群と環の理論の初歩を扱う。

Table of Contents

  • 第1章 群の理論(群の定義;部分群;いろいろな群の例;剰余類と乗余群 ほか)
  • 第2章 環の理論(環の定義;部分環と直積;多項式環;イデアルと剰余環 ほか)

by "BOOK database"

Related Books: 1-1 of 1

Details

  • NCID
    BA66632304
  • ISBN
    • 9784130629515
  • Country Code
    ja
  • Title Language Code
    jpn
  • Text Language Code
    jpn
  • Place of Publication
    東京
  • Pages/Volumes
    vi, 125p
  • Size
    21cm
  • Classification
  • Subject Headings
  • Parent Bibliography ID
Page Top