北方狩猟・漁撈民の考古学

書誌事項

北方狩猟・漁撈民の考古学

山浦清著

同成社, 2004.7

タイトル別名

北方狩猟漁撈民の考古学

タイトル読み

ホッポウ シュリョウ ギョロウミン ノ コウコガク

大学図書館所蔵 件 / 59

注記

引用・参考文献一覧: p295-330

内容説明・目次

内容説明

環極北地域、環オホーツク海地域、さらには日本列島で海獣狩猟と漁撈に生きた人びとの文化を、とくに回転式銛頭および雌形銛頭に焦点を当てて論究。著者の長年にわたる研究の集大成であり、関係者には必見の論集。

目次

  • 民族誌にみる銛の構造と機能—エスキモーを中心として
  • 第1部 日本列島をめぐる視点から(日本列島雌形銛頭の系譜問題と韓半島;中国東北地区における回転式銛頭と日本列島;日本先史時代回転式銛頭の系譜 ほか)
  • 第2部 環オホーツク海地域という視点から(北サハリン・ハンツーザ貝塚出土遺物について;ノグリキおよびサドフニキ2遺跡出土遺物について;サハリン・ウスチ=アインスコエ遺跡採集の考古資料 ほか)
  • 第3部 環極北地域という視点から(アラスカにおける漁撈文化の展開—海獣狩猟を中心として;ベーリング海峡周辺地域への鉄器の流入;ベーリング海峡周辺における回転式銛頭の発展過程について ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ