書誌事項

コミュニケーション力

齋藤孝著

(岩波新書, 新赤版 915)

岩波書店, 2004.10

タイトル読み

コミュニケーションリョク

大学図書館所蔵 件 / 608

内容説明・目次

内容説明

豊かな会話、クリエイティブな議論は、どのようにして成り立つのか。話の流れをつかむ「文脈力」や基盤としての身体の重要性を強調しつつ、生きいきとしたコミュニケーションの可能性を考える。メモとマッピング、頷きと相槌、会議運営のコツなど実践的な技から、弁証法的な対話の喜び、沈黙それ自体の意味など深い考察まで、縦横に展開。

目次

  • 第1章 コミュニケーション力とは—文脈力という基本(コミュニケーションとは;「感情」と「意味」の座標軸;ディベート乱用の危険性 ほか)
  • 第2章 コミュニケーションの基盤—響く身体、温かい身体(響く身体、響かない身体;基本原則(目を見る;微笑む;頷く;相槌を打つ);『浮世風呂』の身体コミュニケーション ほか)
  • 第3章 コミュニケーションの技法—沿いつつずらす(沿いつつずらす;偏愛マップ・コミュニケーション;要約力と再生方式 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ