属国日本史 : 思想劇画

著者

書誌事項

属国日本史 : 思想劇画

副島隆彦著 ; ロシナンテ青木劇画

早月堂書房 , 健康ジャーナル社(発売), 2004.9

  • 幕末編

タイトル読み

ゾッコク ニホンシ : シソウ ゲキガ

大学図書館所蔵 件 / 5

注記

幕末略年表: p264-269

内容説明・目次

内容説明

情熱に燃えた下級武士たちの潔癖な愛国心のみで、明治維新ができたと考えるのは底の浅い歴史認識である。維新途上で倒れていった草莽の志士たちの行動原理はなんだったのか!また生き残った明治の元勲たちはどうしてヒーローになり得たのか!司馬遼太郎のヒーローたちは本当はなにものだったのか…日本の外交問題の脆弱さはすべてここに集約されている。

目次

  • 第1章 文久二年の巨大な謎(おかしいじゃないか!攘夷志士の海外渡航;怪しすぎるッ!長崎グラバー商会 ほか)
  • 第2章 外国は、日本を支配しにやってきた!(不愉快きわまりない脅し外交;ペリー以来変わらぬアメリカの日本観 ほか)
  • 第3章 坂本龍馬と秘密のインナー・サークル(ジョン万次郎という男;イギリスの工作員としての「龍馬がゆく」 ほか)
  • 第4章 幕末ゲバゲバ・尊皇攘夷事件クロニクル!(幕末尊王攘夷思想の誕生;SEA OF BLOOD 幕末血みどろ事件簿 ほか)
  • 第5章 幕末に英雄はいない!(宿命のライバル勝海舟と小栗忠順;吉田松陰の行動力こそ評価すべきだ ほか)
  • 付録

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ