行動目標達成のための「問題対応能力」ポイント60

著者

    • 名郷, 直樹 ナゴウ, ナオキ

書誌事項

行動目標達成のための「問題対応能力」ポイント60

名郷直樹著

(NEW・JMPシリーズ, . 卒後臨床研修対応サポートテキストシリーズ||ソツゴ リンショウ ケンシュウ タイオウ サポート テキスト シリーズ ; 4)

日本医療企画, 2004.6

タイトル別名

「問題対応能力」ポイント60

タイトル読み

コウドウ モクヒョウ タッセイ ノ タメ ノ モンダイ タイオウ ノウリョク ポイント 60

大学図書館所蔵 件 / 26

内容説明・目次

内容説明

新時代の医師に必要とされる行動目標は多々ありますが、本書では、臨床上発生する様々な問題に対応する能力—「問題対応能力」という観点でお話ししようと思います。問題対応能力を身につけるということは、毎日のように生じる臨床上の疑問点に対し、「完全ではなくとも現実的な解答を得る能力」を身につけるということです。そのための一つの手法として、Evidence‐Based Medicine、いわゆるEBMの実践方法を展開していきます。ただし知識をいくら身につけても、それを個別の患者さんに適用できなければ意味がありません。EBMによる問題対応能力とは、患者さんに始まり患者さんに終わることが絶対条件なのです。そのために、本書では外来に訪れたある患者さんを例にして、実際に、どのようにEBMのステップに基づき問題を解決してゆくのかを追いかけます。

目次

  • 第1章 不安でいっぱいの患者さんがやってきた
  • 第2章 問題解決のために情報収集しよう
  • 第3章 得られた情報を吟味しよう
  • 第4章 コレステロールと治療の歴史(スタチン系薬剤に至るまで、そしてその後)
  • 第5章 エビデンスを患者さんに適用するために
  • 第6章 自分自身への問いかけこそが重要である
  • 第7章 最後に考えよう、EBMとは

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA69354820
  • ISBN
    • 4890416374
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    147p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ