環境先進国ドイツの今 : 緑とトラムの街カールスルーエから

書誌事項

環境先進国ドイツの今 : 緑とトラムの街カールスルーエから

松田雅央著

学芸出版社, 2004.12

タイトル別名

Umweltreport Karlsruhe

タイトル読み

カンキョウ センシンコク ドイツ ノ イマ : ミドリ ト トラム ノ マチ カールスルーエ カラ

大学図書館所蔵 件 / 233

注記

参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

街の緑化、都市交通、ゴミのリサイクル、自然エネルギーetc.革新的なドイツの環境政策を実現させる仕組みとは?ドイツ人を「環境」に駆り立てる原動力とは?緑化・交通政策で知られるカールスルーエ市在住の著者が課題や問題点を含めたドイツの生の姿をリポートする。

目次

  • 1 緑豊かな街づくり(街の緑化—公園局の活動と中庭コンテスト;屋上・壁面緑化—注目される多彩な機能と役割 ほか)
  • 2 人に優しい都市交通(トラムが支える地域交通—新世代の路面電車とカールスルーエモデル;カーシェアリング—自家用車の共同利用 ほか)
  • 3 ゴミの賢いリサイクル(家庭ゴミの分別—やる気を起こすシステムの工夫;コンポスト—自然の営みを生かした堆肥づくり ほか)
  • 4 日常生活に溶け込む自然エネルギー(地域のエネルギー供給—エネルギー・水道公社の取り組み;ゴミの山の風力発電—市民出資でエネルギーの丘を創造する ほか)
  • 5 エコロジーライフ(エコショップとビオ農業—より安全な食生活を求めて;ゲロルズエッカー・エコロジー住宅地—開かれた村を目指して ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ