書誌事項

社会内処遇の形成と展開

安形静男著

(更生保護叢書, 第6号)

日本更生保護協会, 2005.3

タイトル読み

シャカイ ナイ ショグウ ノ ケイセイ ト テンカイ

大学図書館所蔵 件 / 22

収録内容

  • 犯罪をした者の社会復帰
  • 明治前期の更生保護 : 神奈川県における事例を通して
  • 懲治監に関する一考察
  • 出願懲治制度の展開 : 少年保護の一系譜として
  • 別房留置制度の廃止 : 保護事業の生成と監獄の変化
  • 明治保護思潮の形成 : 感化保護事業への息吹を探る
  • 明治20年設立の兵庫県出獄者保護場について
  • 司法保護への一潮流 : 主として大正・昭和初期における趨向
  • 司法保護事業の進展 : 昭和前期における拡充と少年保護
  • 仮釈放制度沿革誌略
  • 保護司制度源流考 : 静岡県出獄人保護会社の保護委員制
  • 保護司制度の沿革
  • 保護司制度を考える
  • 更生保護史における女性たち : 更生保護女性会の源流を探る
  • BBS運動の生成
  • 社会内処遇の展開
  • 有権的ケースワーク論の回顧
  • 社会内処遇の視線論
  • 「改悛ノ状」私論 : 主として「悔悟の情」をめぐって
  • 施設内処遇と社会的対応 : 社会内処遇の立場から
  • 被害者にも光を
  • 犯罪予防活動の実務的展開

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA71150131
  • ISBN
    • 4931099068
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    376p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ