歌と戦争 : みんなが軍歌をうたっていた

書誌事項

歌と戦争 : みんなが軍歌をうたっていた

櫻本富雄著

アテネ書房, 2005.3

タイトル読み

ウタ ト センソウ : ミンナ ガ グンカ オ ウタッテイタ

大学図書館所蔵 件 / 58

注記

主要参考文献: p256

櫻本富雄著作一覧: p260-261

内容説明・目次

内容説明

戦時下、3000曲を越える軍歌がつくられ、国民の心を忠君愛国、鬼畜米英に染めあげた。北原白秋やサトウハチローらが戦争讃歌の詩を書き、山田耕筰、古関裕而らが勇壮な曲をつけた。子供たちは“僕は軍人大好きよ”を学校で歌い、“軍国子守歌”で眠りについた。詩人・作曲家・歌手・放送界・音楽関係者が総がかりでつくった軍歌ワールドを解明し、その責任を問う。

目次

  • 第1部 軍歌の本流・公募歌(公募歌の興隆とその背景;日本国民歌運動と公募歌の全盛 ほか)
  • 第2部 戦時下の音楽社会(放送軍歌と国民歌謡;国民歌謡から国民合唱へ ほか)
  • 第3部 翼賛に邁進した作詞家と作曲家たち(翼賛詩歌と作詞家たち;堀内敬三と『音楽之友』 ほか)
  • 第4部 子供の軍歌・浸透する翼賛運動(少国民たちの軍国歌謡;敵性音楽の追放 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA71536762
  • ISBN
    • 4871522350
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    261p, 図版[4]p
  • 大きさ
    22cm
  • 件名
ページトップへ