兼好 : 露もわが身も置きどころなし

書誌事項

兼好 : 露もわが身も置きどころなし

島内裕子著

(ミネルヴァ日本評伝選)

ミネルヴァ書房, 2005.5

タイトル読み

ケンコウ : ツユ モ ワガミ モ オキドコロ ナシ

大学図書館所蔵 件 / 258

注記

主要参考文献: p293-297

兼好略年譜: p305-322

索引: 巻末p1-10

内容説明・目次

内容説明

兼好(一二八三頃〜一三五二頃)鎌倉時代末期の二条派歌人。現実への違和感を持つ孤独な青年兼好は、いかにして人生の達人へと成熟したか。老成した人物という既成のイメージを吹き払い、変貌する精神のダイナミズムを『徒然草』から読み取る。今ここに清新な兼好像を提示する。

目次

  • 第1章 精神の近代
  • 第2章 見出された兼好
  • 第3章 描かれた兼好
  • 第4章 兼好の青春
  • 第5章 批評家誕生
  • 第6章 兼好のゆくえ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ