黒部の太陽 : ミフネと裕次郎

書誌事項

黒部の太陽 : ミフネと裕次郎

熊井啓著

新潮社, 2005.2

タイトル読み

クロベ ノ タイヨウ : ミフネ ト ユウジロウ

大学図書館所蔵 件 / 27

注記

「黒部の太陽」スタッフ・キャスト一覧: p[235]-239

シナリオ「黒部の太陽」: p[241]-328

熊井啓フィルモグラフィー: p329

内容説明・目次

内容説明

昭和43年公開『黒部の太陽』(製作・主演/三船敏郎・石原裕次郎、監督/熊井啓)は、観客動員733万人、興収16億円(現在の80億円相当)の大ヒットとなった前代未聞の超大作映画である。しかし、完成・公開に至るまでには、想像を絶する苦難の日々があった。五社協定の壁、配給問題、資金調達、裕次郎が骨折した大出水シーンの撮影…。それでも男たちは、ひたすら突き進む。その後、裕次郎の「大画面でのみ、お客様に観ていただきたい」との要望で、再上映もDVD化もされていない。あれから38年。監督だからこそ知りうる秘話を満載し、何かに熱くなることだけがすべてだった“あの時代”が、いま、鮮烈によみがえる。

目次

  • 意外な監督依頼
  • 五社協定の壁
  • 監督を熊井啓に
  • 黒部川電源開発史
  • 「黒四」建設
  • 私の要望
  • 登場人物について
  • 井手雅人氏のこと
  • トンネルを地上につくる
  • シナリオを書きはじめる〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA71791679
  • ISBN
    • 4104746010
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    333p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ