書誌事項

基盤としての情動 : フラクタル感情論理の構想

ルック・チオンピ著 ; 山岸洋 [ほか] 訳

学樹書院, 2005.7

タイトル別名

Die emotionalen Grundlagen des Denkens : Entwurf einer fraktalen Affektlogik

タイトル読み

キバン トシテノ ジョウドウ : フラクタル カンジョウ ロンリ ノ コウソウ

大学図書館所蔵 件 / 77

注記

その他の訳者: 野間俊一, 菅原圭悟, 松本雅彦

原著(Vandenhoeck & Ruprecht, 1997)の翻訳

文献: p387-398

1997年以降に発表された感情論理に関する文献: pxi-xii

内容説明・目次

内容説明

感情論理の発表から20余年を経て、大胆な構想のもとに結実した精神の科学の新たなパラダイム。

目次

  • 第1部 理論的基盤(認識論的な出発点—不可避的に制約されている地平;感情論理の基本概念。その根本公理、生物学的基盤、定義、現象について;認知機能の基本的オペレイターとしての感情;フラクタル感情論理—心のカオス論的理解)
  • 第2部 フラクタル感情論理の諸相。さまざまな例(感情・認知「レール」と感情・認知「固有世界」の発生について;精神病理学—病的な感情認知的「狂い」について;集団のフラクタル感情論理)
  • 第3部 理論面および実践面への帰結(他の構想との理論的な関連および相違;応用へ向けて—可能性とリスク;フラクタル感情論理の人間像、そしてそこから導き出される倫理的帰結について—あるいは、「感情とともに思考する」こと)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA72703134
  • ISBN
    • 4906502296
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xx, 407p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ