ヴェネーツィアと芸術家たち

書誌事項

ヴェネーツィアと芸術家たち

山下史路著

(文春新書, 457)

文藝春秋, 2005.8

タイトル別名

ヴェネーツィアと芸術家たち

タイトル読み

ヴェネーツィア ト ゲイジュツカ タチ

大学図書館所蔵 件 / 77

注記

参考資料: p221-222

内容説明・目次

内容説明

旅が現在ほど容易ではなかった時代、また一生海を見ないことが珍しくなかった時代、音楽家、作家、画家たちは、この果てしなく海の広がる「水の都」でどんなインスピレーションを授かり、光輝く「南の国」はいかなる影響を彼らに与えたのか?貴族の庇護、ゴンドラの死のイメージ、陽気な祭の即興、迷路を思わせる運河と路地…。モーツァルト、ゲーテ、ワーグナー、そしてヴェネーツィア出身のヴィヴァルディら八人の人生と芸術を辿りつつ、この街の魅力を描く。

目次

  • 第1章 仮面をつけたモーツァルト
  • 第2章 奔放に、愛に生きたゲーテ
  • 第3章 安息の地を求めたワーグナー
  • 第4章 死に囚われたチャイコフスキー
  • 第5章 イタリアに恋したスタンダール
  • 第6章 光に包まれたティツィアーノ
  • 第7章 スキアヴォーニの四季とヴィヴァルディ
  • 第8章 街が舞台のゴルドーニ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ