すぐわかる日本の伝統色

書誌事項

すぐわかる日本の伝統色

福田邦夫著

東京美術, 2005.8

タイトル別名

日本の伝統色 : すぐわかる

タイトル読み

スグ ワカル ニホン ノ デントウショク

大学図書館所蔵 件 / 114

内容説明・目次

内容説明

四季の移ろい、王朝の雅、日々の営みが美しい色の名前になった…。日本的感性が紡ぎだした風雅な“色の名前”と豊かな色彩美の世界。

目次

  • 第1章 先史から奈良時代(先史から奈良時代にかけての色;赤への畏敬—古代の特別な色(朱色/銀朱);都の壮麗—丹塗りの建造物(埴・真赭/鉛丹色/丹色) ほか)
  • 第2章 平安から室町時代(平安から室町時代にかけての色;王朝人が愛した、紅花染の花の色(桜色/紅梅色/撫子色);濃きも薄きも—都を風靡した紅色(韓紅花/薄紅/退紅/一斤染) ほか)
  • 第3章 桃山・江戸時代(桃山・江戸時代の色;戦場を飾った鮮やかな赤(猩々緋/甚三紅・紛紅);酸化鉄を含む赤土の色(紅殻色・弁柄色/代赭色) ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA73172102
  • ISBN
    • 9784808707842
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    155p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ