境界の美術史 : 「美術」形成史ノート

書誌事項

境界の美術史 : 「美術」形成史ノート

北澤憲昭著

ブリュッケ , 星雲社 (発売), 2005.7

  • : 新装版

タイトル別名

境界の美術史 : 美術形成史ノート

タイトル読み

キョウカイ ノ ビジュツシ : ビジュツ ケイセイシ ノート

大学図書館所蔵 件 / 68

注記

「美術」形成史関連年表: p334-351

内容説明・目次

内容説明

「美術」はいかにして誕生し、どのような変貌をとげたのか?「美術」の受容と形成。

目次

  • 序章 「美術」概念の形成とリアリズムの転位
  • 1 国家と美術(「日本美術史」という枠組み;文展の創設;国家という天蓋—「美術」の明治二〇年代;美術における「日本」、日本における「美術」—国境とジャンル;裸体と美術—違式桂違条例を軸に)
  • 2 美術の境界—ジャンルの形成(「日本画」概念の形成に関する試論;「工芸」概念の成り立ち;裏返されたモニュメント—彫刻の近代化と銅像)
  • 3 制度から主体へ(工業・ナショナリズム・美術—「美術」概念形成史素描;印象と表現—日本印象主義のアポリア)
  • 終章 日本近代美術史研究の課題と可能性—時務情勢論風に

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ