書誌事項

違法性の基礎理論

日高義博著

イウス出版 , 成文堂(発売), 2005.9

タイトル別名

Grundlehre von der Strafrechtswidrigkeit

タイトル読み

イホウセイ ノ キソ リロン

大学図書館所蔵 件 / 75

注記

文献略語あり

内容説明・目次

内容説明

跛行的結果反価値論の立場から違法論を構築した研究20年の集大成となる著者の法益論。

目次

  • 第1部 違法性の基礎理論(可罰的違法性と違法の統一性;可罰的違法性に関する2判例;主観的違法要素と違法論 ほか)
  • 第2部 実行行為と法益侵害性(不能犯論における危険判断;原因において自由な行為の理論の理論的枠組みについて)
  • 第3部 法益論についての翻訳紹介(クヌト・アメルンク「ドイツ刑法学における法益保護理論の現状」;クヌト・アメルンク「法益侵害と社会侵害性」)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA7363716X
  • ISBN
    • 4792388015
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京,東京
  • ページ数/冊数
    13, 261p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ