書誌事項

海からの世界史

宮崎正勝著

(角川選書, 383)

角川学芸出版 , 角川書店 (発売), 2005.9

タイトル読み

ウミ カラノ セカイシ

大学図書館所蔵 件 / 140

注記

参考文献: p278-282

内容説明・目次

内容説明

海を制するものは世界を制する。時代とともに範囲を広げた「七つの海」では、航路と交易のネットワークを支配した海洋国家が覇を唱え、世界史を塗り替えてきた。古くはローマ帝国、イスラーム帝国、モンゴル帝国、さらに15世紀の大航海時代を経てオランダ、大英帝国、アメリカ合衆国へ。長く続いた帆船の時代から、19世紀後半の蒸気船により高速化した近代まで、シー・パワーの視点から描くはじめての世界通史。

目次

  • 第1章 西から拓かれたユーラシアの海—諸海域世界の時代
  • 第2章 船乗りシンドバッドの時代—ユーラシアの海の一体化
  • 第3章 中国が「海の帝国」だった時代—ユーラシアの海の全盛期
  • 第4章 ヴァイキングと北方領域の開拓—北から拓ける海洋世界
  • 第5章 大航海時代と拓かれる大西洋—オーシャン時代の開幕
  • 第6章 ロビンソン・クルーソーとガリヴァーの時代—海の世界からの資本主義の勃興
  • 第7章 大英帝国とエンパイア・ルート—世界の海を制したイギリス
  • 第8章 やってきた本格的なオーシャン時代—海の世界のグローバリゼーション

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA73715343
  • ISBN
    • 4047033839
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京,東京
  • ページ数/冊数
    285p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ