書誌事項

清張さんと司馬さん

半藤一利著

(文春文庫, [は-8-14])

文藝春秋, 2005.10

タイトル読み

セイチョウ サン ト シバ サン

大学図書館所蔵 件 / 18

注記

参考文献: p269

松本清張略年譜: p270-278

司馬遼太郎略年譜: p279-287

内容説明・目次

内容説明

「虫の眼」清張と「鳥の眼」司馬—松本清張と司馬遼太郎という戦後文学の二大巨匠はまた、昭和史そして激動する現代社会にも厳しい批評を提示し続けた。二大巨匠の活動が最も旺盛であった昭和30年代後半から40年代にかけて、著者は担当編集者として二人に出会い、多くのことを学んだ。間近に接した巨匠の等身大の実像がここにある。

目次

  • 二人の文豪と私
  • 社会派推理小説の先駆者として
  • 古代史家としての清張さん
  • 時代小説から歴史小説へ
  • 『坂の上の雲』から文明論へ
  • 巨匠が対立したとき
  • 司馬さんと昭和史
  • 敗戦の日からの観想
  • 清張さんと昭和史
  • 『日本の黒い霧』をめぐって
  • 司馬さんの漱石、清張さんの鴎外
  • 司馬さんと戦後五十年を語る

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA73888705
  • ISBN
    • 4167483149
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    287p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ