「朝日」ともあろうものが。

書誌事項

「朝日」ともあろうものが。

烏賀陽弘道著

徳間書店, 2005.10

タイトル別名

朝日ともあろうものが。

タイトル読み

「アサヒ」トモ アロウ モノ ガ

大学図書館所蔵 件 / 33

内容説明・目次

内容説明

聞いてビックリ、見てビックリ。朝日の記者生活は「驚き」の連続だった!「捏造は当たり前」「偏向は常識」が朝日の社風?!—元朝日新聞記者の苦闘の青春記。

目次

  • ぼくはなぜこの仕事を選んだのか
  • みじめでまぬけな新米記者
  • パワハラ支局長
  • 高校野球報道って偏向じゃないの
  • 記者クラブには不思議がいっぱい
  • 夕刊は不要どころか有害
  • 朝日の人材開発は不毛の荒野だった
  • ぼくが初めてハイヤーに乗った日
  • 捏造記事はこんな風につくられる
  • 上祐へのインタビュー原稿がオウムに渡っていた
  • 「前例がない」の一言でボツ
  • かつて愛した恋人、アエラ
  • さようなら。お世話になりました。

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA74880130
  • ISBN
    • 4198618844
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    279p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ