父のがんを知った日から

書誌事項

父のがんを知った日から

小林智著

寿郎社, 2003.8

タイトル読み

チチ ノ ガン オ シッタ ヒ カラ

大学図書館所蔵 件 / 16

内容説明・目次

内容説明

死は、どんどんと遠いものになっていく。二十歳を過ぎるまで、身近な人の死を体験したことのない学生などざらにいる。死は、しかし必ずやってくる。元気だと思っていた、父や母が、突如老い、病に冒され、死へと突き進んでいく。本書は、そんな経験をした二十代の若者の、真摯な、そして明晰な手記である。

目次

  • 第1章 がんの報せ(動揺;入院 ほか)
  • 第2章 治療(放射線治療;検査と不安の日々 ほか)
  • 第3章 ホスピスケア(疼痛;父さんのための処方箋 ほか)
  • 第4章 最後の団らん(急変;脱力 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA75318694
  • ISBN
    • 4902269015
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    札幌
  • ページ数/冊数
    297p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
ページトップへ