長崎屋かく子の青春日記

著者

    • 三木, 暢子 ミキ, ノブコ

書誌事項

長崎屋かく子の青春日記

三木暢子著

素人社, 2003.10

タイトル読み

ナガサキヤ カクコ ノ セイシュン ニッキ

大学図書館所蔵 件 / 4

注記

かく子に関する年譜: p364-365

参考文献: p368-371

内容説明・目次

内容説明

『京のたつみに住みなれて』で、宇治市制定「第6回紫式部市民文化賞」を受賞した著者が10年の歳月をかけて読み解いた明治娘(著者の祖母)の日記帳。23歳で嫁ぎ、25歳で長男を出産してまもなく亡くなった祖母「かく子」の700頁にもおよぶ日記帳には、現代女性の生き方への示唆に富んだ文章が綴られていた。

目次

  • 第1章 越後娘の旅日記(越後娘の旅日記;祖母の旅日記を道しるべにして ほか)
  • 第2章 青春日記(はたらく娘十九歳・春;はたらく娘十九歳・夏 ほか)
  • 第3章 十四歳の回想(幼い日;尋常小学校 ほか)
  • 第4章 かく子への便り(親友・曽那子 兄と妹;親友・曽那子 寮生活 ほか)
  • 第5章 落ち穂拾い(落ち穂拾い;婆様二人の昔語り ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA75431427
  • ISBN
    • 4881703102
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    大津
  • ページ数/冊数
    viii, 373p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ