書誌事項

「女系天皇論」の大罪

小堀桂一郎, 櫻井よしこ, 八木秀次著

PHP研究所, 2006.2

タイトル別名

女系天皇論の大罪

タイトル読み

ジョケイ テンノウロン ノ タイザイ

大学図書館所蔵 件 / 29

内容説明・目次

内容説明

「女性天皇」と「女系天皇」は違います。先例のない「女系天皇」が誕生すれば、二千年以上続いた日本の伝統は失われるのです。皇室伝統の核心に迫る緊急鼎談。

目次

  • 第1章 亡国の答申—「皇室典範に関する有識者会議」の大罪(これが「国民の平均的な考え方」を代表する議論か;「女性天皇」と「女系天皇」の違いを理解していたのか ほか)
  • 第2章 「女系天皇容認」の背後にある危険(男系による皇統継承は日本人の知恵の表れ;笠原英彦教授の主張する「双系制」は根拠のない嘘 ほか)
  • 第3章 伝統を守るとはいかなることか(はるかに続く平野に、一本だけまっすぐ立つ巨木;異なる文明との邂逅という衝撃 ほか)
  • 第4章 いまこそ皇室の究極的意味を考えるべきとき(先人の知恵の深さにこそ学べ;西洋キリスト教文化圏の価値の範疇「真・善・美」 ほか)
  • 鼎談を終えて

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA75694470
  • ISBN
    • 456964807X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    213p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ