書誌事項

芸術原論

赤瀬川原平著

(岩波現代文庫, 文芸 ; 103)

岩波書店, 2006.5

タイトル読み

ゲイジュツ ゲンロン

大学図書館所蔵 件 / 124

内容説明・目次

内容説明

芸術とは論じるものでなく、行なうものだ。この持論に基づき、六〇年代のネオダダ、千円札事件から八〇年代の超芸術トマソン、路上観察へ。絶えず人々を挑発し続けてきた著者が、ついに到達した侘び寂の境地にて最も根源的に「芸術」を再定義する試み。既成概念に風穴を開ける、赤瀬川流脱芸術の原点を示す名エッセー。

目次

  • 1 芸術の素(考えことはじめ;波打つ偶然 ほか)
  • 2 在来の美(在来の美;セザンヌ筆触考)
  • 3 脱芸術的考察(価値をつくる;自壊した絵画の内側 ほか)
  • 4 路の感覚(アークヒルズのエントツ;『吾輩は猫である』の猫の子孫 ほか)
  • 5 芸術原論(デュシャンからトマソンへ;芸術原論)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA76798551
  • ISBN
    • 4006021038
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    v, 347p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ