日米開戦の真実 : 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く

書誌事項

日米開戦の真実 : 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く

佐藤優, 大川周明著

小学館, 2006.7

タイトル別名

日米開戦の真実 : 大川周明著米英東亜侵略史を読み解く

タイトル読み

ニチベイ カイセン ノ シンジツ : オオカワ シュウメイ チョ ベイエイ トウア シンリャクシ オ ヨミトク

大学図書館所蔵 件 / 140

注記

『米英東亜侵略史』(第一書房, 1942.1初版)に注釈を付し(第一部・第三部)、佐藤優が解説(第二部・第四部)を加えたもの

標題紙の著者表示は佐藤優のみ

内容説明・目次

内容説明

ペリー来航以降、アメリカで継承された「太平洋制覇」戦略、モンロー主義の矛盾、執拗な満蒙への介入、在米邦人の排斥、そしてイギリス植民地政策の実態—緻密にして冷静な分析から導き出された「戦わねばならぬ理由」がそこにはあった。真珠湾攻撃直後、NHKラジオで放送され、ベストセラー書にもなった“開戦理由”を全文掲載!『国家の罠』著者・佐藤優が、戦時政府を代弁した「当時最高水準の知性」に挑む。

目次

  • 第1部 米国東亜侵略史(大川周明)(ペリー来朝;シュワード政策 ほか)
  • 第2部 「国民は騙されていた」という虚構(佐藤優)(アメリカ、ソ連双方が危険視した思想家;アメリカによる日本人洗脳工作 ほか)
  • 第3部 英国東亜侵略史(大川周明)(「偉大にして好戦なる国民」;東印度会社 ほか)
  • 第4部 21世紀日本への遺産(佐藤優)(歴史は繰り返す;大東亜共栄圏と東アジア共同体 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ