書誌事項

肉体の悪魔 ; 失われた男

田村泰次郎[著]

(講談社文芸文庫, [た-AD1])

講談社, 2006.8

タイトル読み

ニクタイ ノ アクマ ; ウシナワレタ オトコ

大学図書館所蔵 件 / 42

注記

年譜: p302-313

著書目録: p314-319

シリーズ番号はジャケットによる

2005年4月日本図書センター刊『田村泰次郎全集』第2, 3, 4巻を底本とし訂正を加えたもの

収録内容

  • 肉体の悪魔
  • 渇く日日
  • 肉体の門
  • 失われた男

内容説明・目次

内容説明

一九四〇年から敗戦までの、一兵卒としての中国従軍体験は、皇軍、聖戦という理念の虚妄を教え、兵士たちの犯す様々な罪業、あらゆる惨苦を嘗める現地の人々の姿を透徹した眼差しでとらえることを強いた。人間の持つ深い闇に錘鉛を下ろす戦争文学の数々は厭戦的であり、また戦後の一時代を画した肉体文学は、敗戦後の混乱する社会をも戦場の延長とみなすことで誕生する。田村泰次郎の戦争をめぐる名作を精選。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA78086460
  • ISBN
    • 4061984519
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    319p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ