書誌事項

どちらでもいい

アゴタ・クリストフ著 ; 堀茂樹訳

早川書房, 2006.9

タイトル別名

C'est égal

タイトル読み

ドチラデモ イイ

大学図書館所蔵 件 / 39

収録内容

  • 北部行きの列車
  • 我が家
  • 運河
  • ある労働者の死
  • もう食べたいと思わない
  • 先生方
  • 作家
  • 子供
  • わが妹リーヌ、わが兄ラノエ
  • どちらでもいい
  • 郵便受け
  • 間違い電話
  • 田園
  • 街路
  • 運命の輪
  • 夜盗
  • 母親
  • ホームディナー
  • 復讐
  • ある町のこと
  • 製品の売れ行き
  • 私は思う
  • わたしの父

内容説明・目次

内容説明

夫が死に至るまでの、信じられないような顛末を語る妻の姿が滑稽な「斧」。廃駅にて、もはや来ることのない列車を待ち続ける老人の物語「北部行きの列車」。まだ見ぬ家族から、初めて手紙をもらった孤児の落胆を描く「郵便受け」。見知らぬ女と会う約束をした男が待ち合わせ場所で経験する悲劇「間違い電話」。さらには、まるで著者自身の無関心を表わすかのような表題作「どちらでもいい」など、アゴタ・クリストフが長年にわたって書きためた全25篇を収録。祖国を離れ、“敵語”で物語を紡ぐ著者の喪失と絶望が色濃く刻まれた異色の短篇集。

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA78761042
  • ISBN
    • 4152087331
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    174p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
ページトップへ