書誌事項

贄の夜会

香納諒一著

文藝春秋, 2006.5

タイトル読み

ニエ ノ ヤカイ

大学図書館所蔵 件 / 7

内容説明・目次

内容説明

“犯罪被害者家族の集い”に参加したふたりの女性が殺された。ハープ奏者は両手首を切り落とされ、もうひとりは後頭部を石段に叩き付けられて—。刑事の大河内は被害者の夫の行動に疑問を覚えるが、なぜか公安部からストップがかかる。また、“集い”にパネラーとして出席した弁護士は、19年前に起きた少年猟奇事件の犯人だったことを知る。洗脳によって社会の暗闇に潜みつづける真犯人は…。猟奇的殺人鬼とプロの殺し屋がぶつかる時、警察組織の腐敗を目の当たりにした刑事も孤独な一匹狼として暴走を始めた。執筆に6年を費やし、かつてないスケールとスピードで展開する待望のサスペンス巨編。

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA79321500
  • ISBN
    • 4163246800
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    581p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
ページトップへ