書誌事項

昭和33年

布施克彦著

(ちくま新書, 633)

筑摩書房, 2006.12

タイトル読み

ショウワ 33ネン

大学図書館所蔵 件 / 120

注記

昭和33年の国内の主な出来事: p214-215

昭和33年の海外の主な出来事: p213

内容説明・目次

内容説明

映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を見て、多くの中高年と、なぜか二十代の若者までが、「あの頃はよかった」と涙を流した。昭和三十年代を黄金期とする言説がある。あの頃は、日本が一番輝いていた、貧しかったが夢と希望のある時代だったという。だが、本当にそうだったのだろうか?昭和三十三年は、ただ懐かしむだけの年ではない。あの年の事象を今日と重ね合わせることで、これからの日本が見えてくる。

目次

  • 第1章 過去を美化し、未来を憂える日本人
  • 第2章 先行き不透明だった高度成長の夜明け
  • 第3章 本当にあった下流社会
  • 第4章 当時のテレビ革命と現在のネット革命
  • 第5章 健全化する社会、スポーツ大国へ
  • 第6章 昭和三十三年から明日の日本を読む

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ