書誌事項

お金が世界をかける

斎藤叫著 ; カワキタ・カズヒロ絵

(お金とくらしを考える本, 5)

岩崎書店, 2006.3

タイトル読み

オカネ ガ セカイ オ カケル

大学図書館所蔵 件 / 7

内容説明・目次

内容説明

お金は100円玉や1000円札のように、目で見ることができます。でも、人と人とをつなぐお金の役割や、お金と社会の関係は目では見えません。だから頭で考えて、正しく理解することが大切なのです。このシリーズは、お金の便利さやこわさをきちんと理解して、上手に正しく使えるようになることを目的につくられました。上手に正しく使わなくてはいけないのは、私たちだけでなく、会社や銀行や国も同じです。「お金はよい召使いであるが、悪い主人でもある」。こんなことわざがあります。お金を「悪い主人」にしないためには、どうしたらいいのか、このシリーズを通じてみなさんといっしょに考えてみましょう。

目次

  • 円、ドル、ポンドの生いたち
  • 金が基準になっていたとき
  • 基準になるお金—基軸通貨
  • お金と金がはなれてから
  • お金を使わないお金の送り方—外国為替とは?
  • 円高、円安の意味—為替レート
  • 外国との取引のあぶなさ—為替リスク
  • 「あぶなさ」を避ける方法1—先に決める
  • 「あぶなさ」を避ける方法2—権利を売買する
  • IT革命と金融工学
  • 安全から投機へ—ヘッジファンド
  • 応用問題(アジア金融危機;最高のヘッジファンドの大失敗)
  • 暴走をどうとめるか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA79633081
  • ISBN
    • 4265055354
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    51p
  • 大きさ
    27cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ