伝説と史実のはざま : 郷土史と考古学

書誌事項

伝説と史実のはざま : 郷土史と考古学

比田井克仁著

雄山閣, 2006.11

タイトル読み

デンセツ ト シジツ ノ ハザマ : キョウドシ ト コウコガク

大学図書館所蔵 件 / 52

注記

参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

考古学と郷土史のコラボレーション。伝説・伝承について遺跡をからめて分析し、太田道潅の足跡から徳川家康入府直後までの武蔵野を考古学から探る。

目次

  • 第1章 考古学的に見た伝承の時間幅
  • 第2章 地名伝承と遺跡
  • 第3章 江古田原沼袋合戦と太田道潅の足跡
  • 第4章 城山居館跡の実像
  • 第5章 中世村落の解体—江戸近郊農村江古田村を例にとって
  • 第6章 伝説と史実のはざま—中野長者伝説の研究
  • 総括 史実から伝説への変容

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ