大仏破壊 : ビンラディン、9・11へのプレリュード

書誌事項

大仏破壊 : ビンラディン、9・11へのプレリュード

高木徹著

(文春文庫, [た-63-1])

文藝春秋, 2007.4

タイトル別名

大仏破壊 : バーミアン遺跡はなぜ破壊されたのか

大仏破壊 : ビンラディン9・11へのプレリュード

タイトル読み

ダイブツ ハカイ : ビンラディン 9 11 エノ プレリュード

大学図書館所蔵 件 / 17

注記

「大仏破壊 : バーミアン遺跡はなぜ破壊されたのか」(2004年刊)の改題

主な参考文献など: p392-393

内容説明・目次

内容説明

2001年3月、アフガニスタンのバーミアン大仏がタリバン政権によって爆破された。その裏には半年後の「9・11」、そしてテロ戦争へ突き進むビンラディンとアルカイダの策謀が蠢いていた!綿密な取材、壮大なスケールで9・11の前奏曲「大仏破壊」の真実が明らかに!大宅荘一賞受賞の力作ノンフィクション。

目次

  • 二つの破壊
  • 隠遁者
  • 姿の見えないカリスマ
  • オサマ・ビンラディン
  • 大仏・第一の危機
  • オマルの激怒
  • ビンラディンの贈り物
  • 「アメリカ」の衝撃
  • ムタワキルの抵抗
  • アメリカ帰りの新政策
  • ビンラディンのメッセージ
  • 密使
  • 破壊を阻止せよ
  • アッラー・アクバル
  • 届けられたテープ
  • 大仏は、なぜ破壊されたのか
  • 特別インタビュー「アフガニスタンは変わったか」田中浩一郎

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ